高齢者の口腔ケア

高齢者の日常生活は若い方に比べて話す機会が少なかったり、食べこぼしがあったり、うまく歯が磨けないなど様々な問題点があります。

80歳まで自分の歯を20本などよく言われていますが、高齢者の方はまずは歯の健康が体の健康につながります。歯が抜けたまま放置していると食べ物も刻まないといけないですし、食欲も低下してしまいます。

そのため以前の口腔機能をできるだけ取り戻せるようなケアを目指していく必要があります。

ご家族様に高齢の方がいらっしゃいましたらまずは一度、歯科医師への相談をオススメいたします。

 

smooarm20160818