子供の虫歯が激減!

かつて9割超の子供にあった虫歯が激減しているそうです。

私なども子供のころは虫歯が多くて困りました。

 

この20年余で1人当たりの本数は4分の1になったそうで、就寝前の歯磨き習慣や、フッ素を使ったうがいなどの予防策の浸透が背景にあるとみられます。

 

昔は「フッ素」が歯に良いなんて聞いた事もありませんでした。

だれが発見してくれたのでしょう?

 

一方で歯科医の数が増え続け、需要と供給のギャップは増すばかりだということです。インターネットのホームページ上にも様々な形で歯科医師さんの情報が掲載されていますが、やはり目立つのは「実体顕微鏡」・「マイクロスコープ」などの最新の機器を使った治療方法です。

 

なお、それらの機器を軽快に動かせ、作業効率を上げているのが「スムースアーム」なのです。詳しくは松電舎ホームページまで。