コバルトクロム合金

コバルトクロム合金とは、コバルト(Co)を主成分とし、クロム(Cr)、モリブデン(Mo)などを混ぜた合金で、機械的性質、耐食性に優れており、様々な技工物に用いられています。

また、医療界では既に人工関節の材料として用いられる程、生体親和性にも優れた材料です。
しかし貴金属系の合金と比べると従来の技工技術では加工性に劣り、

最近ではCAD/CAMによる加工が行われることによって、

より精度の高い技工物を製作することも可能となりました。